クラウドファンディングの幻想と現実

 

おはようございます。

WING MAKERの近藤です。

 

今日はクラウドファンディングの幻想について思ったことを記しておきます。

これからDtoCブランドを立ち上げたいという方や、クラウドファンディングでの資金集めの現実について興味がある方は、一例として見て頂ければと思います。

 

WING MAKERというブランドの立ち上げは某クラウドファンディングサイトでの商品の発表から始まりました。これをきっかけに湘南生まれの新製品開発ブランドとしてスタートしました。

クラウドファンディングでは130万円近い支援を頂き、企画としては当初の予想を遥かに超え、無事に成功しました。

しかしその後、法人口座の開設が遅れてしまったことが原因でクラウドファンディングの資金も振り込まれず、商品の生産と発送が遅れてしまうというアクシデントがありました。

 

また当初想定していた予算では生産が出来ず、結果として130万円近く集まったクラウドファンディングは赤字で終わってしまうという失態をおかしてしまいました。ものづくりや経営についてまだ未熟だったための結果ともいえます。

現在は利益が残るように値段設定を行っていますが、正直これでも非常に原価率が高いです。一時期はポップアップストアなどにも出店していましたが、利益がほとんど残らなかったため、こういったリアル店舗への出店は現在取りやめております。

 

現在はネットショップでの販売がメインになっていますが、これもまた、しっかりと広告やマーケティングを行って認知されないと、販売数も伸びることはまずありません。

クラウドファンディングで結果を残しても、その後自社ブランドとして展開を続けていくには乗り越えないといけない壁が沢山あります。

「クラウドファンディングのあとも順調にいくだろう。これまで解決できなかった問題を美しく解決できる手段を開発出来れば、数は少ないながらも悩みを抱えているお客様の課題を解決できずはず。」

私、近藤はそんな甘いことを考えていましたが、現実はとても厳しいものでした。販売数が一定の数増えてもレビューして頂ける方はそうそう出てきません。ブランドを育てるというのは本当に大変な作業なのだと、最近は痛感しています。

 

この記事はクラウドファンディングの何が悪いという話ではありません。ただクラウドファンディングに現実以上の夢と期待を抱いていて考えを誤ってしまったという男の記録です(笑)

 

失敗はあれど、WING MAKERというブランドはしっかりと守りつつ、今後も新しい価値を生み出し続ければと考えております。