ブランドを育てることの難しさについて思うこと

 

おはようございます。

WING MAKERの近藤です。

 

このあいだTwitterを見ていたところ、こんな話を聞きました。

 

「インフルエンサーがブランドを立ち上げることは簡単。ブランドを継続して展開していくことは非常に難しい

 

なるほど。私はそもそもインフルエンサーではないのでブランドを立ち上げる段階から困難も多かった印象です。本当に認知度0からのスタートですので立ち上げすらも難しさは極まりました。

 

 

さて、インフルエンサーといえど、ブランドを継続して運営・展開をしていくことは非常に難しいという話。WING MAKERもまもなく2年近くが経とうとしていますが、ブランドを継続していくことの難しさについては私も今、痛感しているところです。

単純に広告を増やせばいいというものでもありません。会社が負担する広告予算の割合も問題ですが、単純に広告を増やすだけでは、お客様とのコミュニケーション不足が否めません。

 

WING MAKERは新しい機能性と豊かさを通じて、近未来エレガントスタイルを実現していくことが目標です。この目標と価値観をより多くの方と共有していくことが重要になってくる中で、広告効果についてはその限界を感じるのです。

 

こういったブログ記事だとどうしても情報の流れが一方通行になってしまいますが、それでも広告よりもより伝わるものがあるのではないかと思い執筆しています。

現在も、ブランドの育て方については試行錯誤の連続ですが、世界を美しくするという目的のためにも長い闘いを生き抜いていきたいものです。

今こうしている間にも世界中で無数のブランドが立ち上がり、そして消えていっています。多くのメッセージが伝わらないまま儚くも終わっていくのです。

 

ブランドの育て方はまだ分からないものの、一つだけ確実に言えることがあります。

 

 

「ブランドとして生き残ること」

 

 

です。ブランドとして生き残らなくては、伝えたいメッセージも伝わらないまま、散ってしまいます。

人もブランドも同じなのだなと、この頃、強く感じています。

 

生き残ること。

進撃の巨人を見ていて思いついたので記事にしました(笑)