商品情報にスキップ
1 6

WING MAKER'S ORDER

【予約販売・8月発送】LUMY -Neo Wing-

※当商品8月下旬までのお届けになります。ブラックや紺なども展開予定です。

 

次の時代のスタンダートを目指してゼロから開発

これまでレザー財布と言えば二つ折りや長財布が主流でした。近年は三つ折り財布などのミニ財布が流行し、年々お財布は小さく、より『持たない』方向へ進化しています。

お財布が小さくなると失われていく収納力。我々『WING MAKER』は収納力に妥協したくない方へ特化したオリジナルのレザー製品を生み出すべく、ゼロベースで開発に取り組みました。

 

設計思想…カードポケットに収納したカードがお財布の芯になることで型くずれを防ぎつつ、薄くコンパクトになる構造を開発。収納物とLUMYが合体することで新たな収納体験を生み出します。

裁断技術…『コンパクト×最高の収納体験』を実現するべく、高出力レーザーカット加工による精密な皮革裁断技術を開発しました。0.1mm単位で設計図を改良し続け、これまでにない独特で精密な設計を形にしました。設計図は日々、最適化されています。

正確な漉き加工技術…レーザーカットの出力パラメータを調整することで1mm厚の革の表面を0.2mm単位で削る技術を開発しました。薄くて軽い革の表面を削る(=漉く)ことで正確な革の折り曲げや、削り取った革の表面にマグネットや樹脂パーツを埋め込む加工方法を生み出しました。

 

 

 

0.1ミリ単位でこだわり抜いた最高の設計図(随時更新中)

使い勝手を高め、よりシンプルな構造を目指して開発された設計図。『Neo Wing』は4年間の改良を経てレーザー裁断技術を最大限駆使して生み出されました。WING MAKERの設計思想と体験哲学をこの設計図の中に吹き込みました。

最高の設計図の開発力とこれを支えるレーザー裁断技術が『WING MAKER』のコアとなっています。

我々が最も得意とする設計図開発。設計図は常に進化し続けており、新たな改良を迅速に製品生産に反映させています。※大きな構造上の変更があった場合のみ商品名称を変更しております。 

またNeoWingでは組み木のノウハウをレーザーで再現することで無縫製化を実現しました。革が引っ張られる際に加わる圧力を組み木方式などの工夫で分散させることで、壊れにくい構造を生み出しています。


 


開くとコインが浮き出る魔法のコインポケット

コインポケットは1枚の革で繋げることで、開ける時にコインが浮き出てくる構造に仕上げました。

見た目はとてもコンパクトですが、小さいながら使いやすさも重視しています。またコインポケットは手前側を2mm低くすることで、正面からのコインの視認性を向上させています。

さらにコインポケットはLUMY史上初となるバネとマグネットによるハイブリッド開閉式を採用しました。マグネットでフタの開閉が誘導されながら、最後に真鍮バネホックで留めることで圧倒的な開閉のしやすさを実現しています。

レーザーカットで皮革の表面0.4mmを削り取り、そこにマグネットを埋め込んで実現しています。0.1mm単位で革をコントロールできるWING MAKERならではの皮革裁断技術が新たな開閉スタイルを提案します。



 

フラップで留める紙幣収納

紙幣はお財布に巻きつけるように収納することでお財布の圧倒的なコンパクトさを実現しています。お札は最大10枚まで収納可能です。

お札を収納する際は紙幣スペースを広げる必要がありますが、お札を取り出す際は全開にしなくても取り出すことが出来ます。

 

 

 

2つのカードポケットを採用

コンパクト財布だとカードの収納ポケットが少なかったり、収納量が少なくなりがちですが、LUMYシリーズでは最大で15枚のカード収納を実現しています。

さらにクレジットカードよりもサイズが大きい名刺サイズのカードも最大8枚まで収納可能です(ポケットの一番手前側に収納できます)。

 

紙幣収納側にICカードを収納すると、お財布を開かずに決済が可能です。カードは指でつまむ際に取り出しやすいように最適な隙間を設けることでアクセスのしやすさを実現しています。

収納したカードとお財布が一体化することでお財布の形を保つ構造をしているため、カードポケットには必ず7枚以上のカード収納を推奨しています。

 

※カードの収納量は厚みにより変化します。
※1mm厚のカードだけを収納する場合は10枚まで収納可能です。

 

 

 

通常サイズの鍵が1本まで収納可能

お財布の前面にあるひし形の穴に鍵を差し込んで収納することが出来ます。

※カードが極端に少ない場合、鍵が抜けやすくなりますので、カードは7枚以上の収納を推奨しております。

 

 

 

レーザーカットで生み出された魅せる芯材パーツ

NeoWingでは新たにレーザーカットで生産されたオリジナル芯材パーツを使用しています。芯材は完全には隠しておらず、各所から樹脂パーツの断片を見ることができます。

基本となる構造は1枚革ですが、細かいパーツを組み合わせることで先代モデルに比べシワが入りづらく、耐久性を向上させることに成功しました。

樹脂パーツは無公害タイプを使用しており、燃やしても有害物質を発生させません。

 

 

 

軽量&高品質な姫路レザーを使用

NeoWingでは姫路レザーを大きく切り出し、織り込んで立体的に作り上げる方式をとっています。天然タンニンなめしで仕上げられた高い質感と経年変化を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

WING MAKERのダイヤモノグラムデザインの意味

LUMYシリーズ含め、WING MAKERでは新たな生活スタイルの提案のために日々商品開発をしています。NeoWingにレーザーで刻印されているダイヤモノグラムもこの『近未来エレガントスタイル』実現のために生み出されました。

日本の家紋をベースにゼロベースで生み出したオリジナルのダイヤモノグラムはWING MAKERのあらゆる商品にレーザー刻印されています。

ダイヤの形をしていますが、これはクリスタルを意味しています。クリスタルはかつてアトランティス文明では記録媒体として使われていたという伝説があります。

WING MAKERは日本の家紋を日本文化のDNAと捉え、これを非常に頑丈な記録媒体であるクリスタルに込め、日本の文化を未来へ伝えていくというイメージをデザインに変換しました。

ダイヤモノグラムはすべて完璧な黄金比で設計されています。

 

 

 

WING MAKERのブランドミッション

我々が開発している技術、商品、デザイン、使用スタイルの全てには哲学と意味があります。

我々のブランドミッションは『近未来エレガントスタイルの普及』に尽きます。なぜ近未来エレガントなのか、それはこれまでのレザー製品やレザーブランドが実現できなかった新たな美しさとは何かを考えたときに『近未来感』であるとWING MAKERのデザイン担当は感じました。

 

未来的なデザインは我々に新しい感動とワクワクをもたらし、天然皮革がもたらすカントリー感を中和してくれます。皮革産業が積み上げてきた歴史とレーザーカットによる最新の裁断技術で新たな体験を生み出せると我々は考えました。

 

 

 

LUMY -Neo Wing- 商品詳細

 

<材質>
レザー…姫路レザー(天然タンニンなめし仕様)
芯材…無公害型PET樹脂
ホックボタン…国産真鍮製

<収納量>
・紙幣×10
・コイン×15
・カード×15(名刺サイズ5枚含む)
・鍵入れ×1

<W・D・H(幅・奥行・高さ)>
65×25×120(mm)

<重量>
40g