ミニマリストがゼロから創り上げた財布の歴史 - Episode2

おはようございます。

WING MAKERで商品設計を担当している近藤と申します。

 


前回の記事はコチラ↓

ミニマリストがゼロから創り上げ財布の歴史 - Episode1

 

紙ベースでただ試作をするだけだったハンドメイドのお財布は少しずつレザーを使った試作製品へと変化していきました。

ただの個人の構想から、様々な会社様との共同作業へ少しずつ変わっていく様は日々発見の積み重ねです。これがものづくり業界に入って味わった面白さの一つでした。

 

 

その後もSNSで新しい構造のお財布を開発している旨を発信し続け、ものづくりの交流会にも出席し、様々な関係者の方から学ばせて頂きました…。

レザーの購入、素材の漉き加工と圧着処理、裁断、オリジナル商品箱の制作etc…

今では商品の完成までに多くの会社様の協力を経てLUMYの販売に至っています。

 

 

商品も何度も試作を重ね、その中でよりシンプルな構造を目指した結果、一枚革だけで仕上げる構造を開発しました。

商品の見た目だけでなく、どこまでもシンプルでミニマリズムを感じることが出来るデザインを追求しました。

実際に手にとって頂いた方の評価に響いているかは不明ですが、販売部分では見えないところにもミニマリズムの哲学が通ずるように設計を施しました。

 

続く…